温故知新で建てるふじもと工務店

温故知新で建てる家づくり

土壁や無垢の木組み、障子や縁側のある家。薪で沸かした風呂に入り、炭が燠った囲炉裏で鍋を囲む。かまどで炊いた美味いご飯をみんなで食べる至福のとき。
日本人の昔の暮らしが昨今忘れがちになっています。
今一度、ゆっくり見なおしてみるとそこに故きよき住まいと暮らしの知恵が発見されます。
私達はこのよき伝統的な暮らしに最新の科学の粋をうまく融合させ、真のエネルギー節約型住宅をライフプランにとり入れることを提案いたします。

エネルギーを節約する設備を設け、
ガス・電気の使用を抑え省エネを推進。

土壁や無垢の木組み、障子や縁側のある家は自然の温度、湿度の調節が出来、夏は風の流れをとり込む造りで涼しくすごせる。暖房や冷房にかかる費用の節約になります。

薪ストーブ 燃料:薪(クヌギなど硬木)

ガス・電気などの暖房と違い少量の薪で抜群の暖房効果が得られ、完全燃焼システムのハイテク構造で二酸化炭素の排出を抑え、オーブン料理も楽しめるすぐれもの。煙が少ないので住宅密集の都会でも使用が可能です。


囲炉裏(いろり) 燃料:炭

部屋の床を四角に切り抜いて暖房または炊事用の火を燃やすところ。囲炉裏端で家族だんらんが楽しめる。冬は暖房効果があり実に合理的な設備の一つである。


竃(かまど) 燃料:薪

「へっつい」とも言われている。
作業のしやすい土間を設ける。

今はガス・レンジやIHに主役が代わっているが我が国の代表的な、鍋、かまをのせて煮炊きする設備で、どこの家庭にもあったもの。これで炊いたご飯はガス・電気と比べはるかに美味しい。燃費から見ても効率よく、現代の生活にもぜひ採り入れたい設備である。(キッチン附近に併設工事可能)


石釜 燃料:薪

土間のかまどの並びに設けると便利。家庭でピザやパンを焼き楽しむことが出来る。

五右衛門風呂(鋳物製)・
木風呂(檜) 燃料:薪

シャワーや浴槽に給湯するボイラーは薪ガスの兼用タイプ。保温力にすぐれた素材は人の肌にもしっくりとなじむ。(ガス・ボイラー併設可)

マキ焚兼用ふろがま
長いマキの焼却に便利なロングサイズタイプ

太陽光発電・蓄電システム

太陽光発電パネルで作られた電気を蓄電池に充電。一日の電力を賄うシステムは電気の自給自足であり、急な停電にもあわてることがなく節電の優等生である。
自分の家の電気は
自分でつくる時代。

蓄電池